fc2ブログ

THE・武者戦記EX

ウルトラマンや特撮ヒーロー、アニソン・特ソン、舞台等を中心に扱っています。最近はTwitterにいます。

「アンドロ・キラー・メカバルタン」購入

今日は歯の矯正の帰りにウルトラ怪獣シリーズ「アンドロ・ザ・キラーメカバルタン」を購入してきました。

タグ付き「アンドロ・ザ・キラーメカバルタン」。
前から&後ろから。
10-22-1(2010).jpg
児童雑誌で展開された、「メカバルタン強化(パワーアップ)アイデアコンテスト」のグランプリ受賞作品がソフビ化です。
グランプリ受賞作品がソフビ化されたのは、カブトザキラーとバキシマムから続く伝統ですね。
しかし、ソフビ化とともに大怪獣バトルRRへの参戦も告知されましたが、結局参戦しなさそうですね。
カブトザキラーとバキシマムはちゃんと参戦したというのに、どうなるのでしょう……。

それにしても、最初は「何故メカバルタンなん?!」と疑問に思っていたところに、大バトにアンドロメロス参戦。
まさかのこのコンテストは、メロス参戦の前フリだったんですねぇ。
そして、コンテストへの応募は約6000通あったそうですね。
この小さい子が考えたデザインに見えないところが、グランプリ受賞の理由かも知れませんね。凄いです。
けど、このネーミングだけはどうにかしてほしかったです。
センスなさすぎww

ちなみに、肩書を含めた正式名称は「ハイブリッド強化べム アンドロ・ザ・キラーメカバルタン」です。

タグを外して前後左右から。
10-22-2(2010).jpg
メカバルタンの銀色だった部分が青色に変更されてますね。
僕も大好きな青色なので、大歓迎ですw
まるで、メカバルタンにアーマーを着せたようなデザインになっています。
ちゃんとメカバルタンのデザインも留めてあるのがポイントですかね。
そして小さい子が大好きな「トゲ」が肩や腕、足に付いています。
僕も小さい頃は好きでしたよトゲ。けど、実際トゲってあまり役に立たないような……。

色んな視点から。
10-22-3(2010).jpg
背中にはパックパックが付いていますw
けど、背後からのデザインを考えたのって、子供ではなくてちゃんとしたデザイナーなんですよねぇ。
子供の考えたデザインをちゃんとしたものに変えることができるなんて本当に凄いと思います。
デザイナーには尊敬しちゃいます。

ちなみに、ウルトラトイパーク(http://www.b-boys.jp/ultra/index.html)によると

アンドロ超戦士に深い恨みを抱くメカバルタンが、自らに強化改造を施した姿。
全身の筋肉をバイオ改造しているため、従来以上のパワーと機敏性を持ち、圧倒的な戦闘力を発揮。さらに体の各部にもメカニック改造を行なっており、武装も強力。

という設定だそうですね。
自ら自分の体を改造するなんて、恐ろしいですね。

右手は大きなレーザー砲、左手はクレージーゴンを思わせるようなハサミに改造されました。
左てのハサミの中にあるチェーンは、実際には伸びる設定です。
「大怪獣バトルRR ウルトラファンブック 第10号」の54、55ページでは、ソフビを改造してチェーンが伸びている「アンドロ・ザ・キラーメカバルタン」を確認できます。
しかし、両手が超改造されてしまったせいで、
10-22-4(2010).jpg
両腕を高く上げると、なんかボリュームを感じますねw
必殺技も豊富そうな、このバルタン、大バトに参戦したら盛り上がりそうなんですけどねぇ……。

タグ。
10-22-5(2010).jpg
大バトでのカード化もされていないので、どこから登場作品ロゴが書いてありませんw
大バトに参戦してたら「大怪獣バトルRR」のロゴが入っていたというのに……。
珍しいタグですね。

で、付属していた大バトのカード。
S-006「バルタンを継ぐ者」。
10-22-6(2010).jpg
使うと、宇宙忍者バルタン星人、ファイティングベムメカバルタン、宇宙忍者パワードバルタン星人、宇宙忍者バルタン星人(ベーシカル)、超科学星人ダークバルタンのいずれかが登場します。
全員中位技ですね。
最近映像化を敬遠されつつあるバルタン星人の亜種がこういった形で登場するのは嬉しい限りです。
というか、バルタン星人の映像化を望んでいる人は少なさそうな気がします…。

過去に「光を継ぐ者」、「影を継ぐ者」、「レイブラッドを継ぐ者」など色々ありましたが、今もなおネタとして(?)使われるティガは本当に神作品でしたよ……。
って、脱線しましたね、はいw

以上、大バト参戦しなくて惜しいけど超かっこいい、アンドロ・ザ・キラーメカバルタンでした!!
10-22-7(2010).jpg
バキシマム、買っておけば良かった……。
関連記事
スポンサーサイト



 日記

0 Comments

Leave a comment