fc2ブログ

THE・武者戦記EX

ウルトラマンや特撮ヒーロー、アニソン・特ソン、舞台等を中心に扱っています。最近はTwitterにいます。

地底最強怪獣ゴモドン

オリジナルウルトラマンが活躍する自作小説「ウルトラマンサレン」。

その主な敵は、レモデリングが自分の円盤に乗せいていた改造怪獣です。
地球怪獣と宇宙怪獣の合成怪獣や、もう無理やり怪獣と怪獣をくっつけたようなものもあります。
現在第1話までうpしているウルトラマンサレン。
次回の第2話から怪獣が続々登場予定です。
というわけで、第2話から2話連続で登場させようと思っている改造怪獣を1体紹介!!

名前:ゴモドン
別名:地底最強怪獣
身長:45m
体重:2万5000t
必殺技:超振動波、超振動波(ゼロシュート)、尻尾攻撃、角かち上げ攻撃、押しつぶし、サイクロンウィップ、残酷ムチラッシュ、ムチ連撃、こんしんのムチ攻撃
合成元怪獣:地底怪獣グドン+古代怪獣ゴモラ
脳:頭脳は残酷なグドンとされる。やはり好物はツインテールなのだろうか。
目:グドンと同じくレッドアイで、常に赤く輝いている。
腕:「超振触腕エクスカベーダー」と呼ばれるムチ状の腕。敵に叩きつけたり、巻きつける武器となる。また、循環する血液の化学成分を変えて、瞬時に軟化及び硬化させることができる。また、ゴモラが使えたプロレス系の技は使えなくなっている。
腹:グドンの弱点であったが、ゴモラの皮膚となり、弱点を克服した。
尻尾:グドンの時でも強靭でしなやかだったが、ゴモラと合体することによって、さらに恐るべきパワーを手に入れた。素早い連打も可能。また、尻尾を使ったあびせ蹴りも可能。
地中移動能力:両腕の硬度を自在に変える能力と、超振動波を使用し、地中を移動する。超振動波と硬化時の槍となったムチで岩盤に亀裂を作り、ムチを軟化させて亀裂の奥深くに侵入。この作業を繰り返して地中を掘り進む。
全身:ゴモラの皮膚であるため、高度2000mから落下されても、びくともしない強靭さを誇ることになった。
鼻:地中に潜る際、超振動波を放っていわを砕く。しかも、相手に突き刺して流し込み、最後にかち上げる「ゼロシュート」と呼ばれるタイプの他、光線のように遠距離攻撃にも使用できる。また、相手をすくい上げるように投げ飛ばす戦法も得意。
大角:超振動波を放つ際、赤く光る。
足:ドロップキックやスライディングも可能な強靭な足。軽快かつダイナミックな動きが可能となっている。
解説:レモデリングがゴモラとグドンを合体させて作った合成怪獣。ゴモラとグドンのそれぞれの地底を掘り進む能力を持っているため、より速いスピードで地中を移動できる。全体的にはゴモラだが、目の辺り、両腕はグドンのものとなっている。

この怪獣がどういう活躍をするかは、ネタバレですのでご自身で想像してください。(大体予想は付くと思うけどw)

ちなみに、仮設定ですので、大きく変更する可能性もあります。
名前とか名前とか名前とかw

では。
関連記事
スポンサーサイト



 ウルトラマンサレン 仮設定

0 Comments

Leave a comment