THE・武者戦記EX

ウルトラ検定1級所持者のサレンが、ウルトラマンや特撮、アニソン・特ソン、舞台などについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【2017年2月3日(金)】水天宮「平成29年 節分祭 冬だ! 豆まき!! ミニライブ」【レポート】

こんばんは。
サレン(@Zamusya_Saren)です。

先月の2月3日(金)は「平成29年 節分祭」に足を運んでいました。
目当ては「冬だ! 豆まき!! ミニライブ」
僕の大好きな歌手・俳優の石原慎一さんが関わっているということで、行ってきました!!

今回はそのレポート記事になります。

4年ぶりの水天宮ライブ
石原さんは2012年から水天宮の節分祭に関わられています。
2012、2013年は石原さんんが出演・演出された大所帯のライブを行ってました。
しかし、水天宮が仮宮に移られるということで、2014~2016年は石原さんの作・演出による電子紙芝居「古事記 ~日本神話の世界~」を上映していました。

2012年と2013年は、自分も実際に足を運んでおり、その時のレポートは以下の通りです。

「水天宮 平成24年2月3日(金) 節分祭 コンサート」【レポート】
http://ayushinex.blog37.fc2.com/blog-entry-914.html

「水天宮 平成25年2月3日(日)節分祭 コンサート」【レポートその①】―「セットリスト編」
http://ayushinex.blog37.fc2.com/blog-entry-1120.html

「水天宮 平成25年2月3日(日)節分祭 コンサート」【レポートその②】―「グッズ(?)編」
http://ayushinex.blog37.fc2.com/blog-entry-1142.html

そして2017年の今年、仮宮だった水天宮が新社殿に移り、とうとうライブが復活したのです!!
実に4年ぶり!!
大学も春休み中だったので、駆けつけました!

水天宮は新社殿に

長い間仮宮に移転していた水天宮でしたが、昨年2016年の4月8日に新社殿が完成し、元の場所に戻ってきました!

自分は2012年、2013年に訪れ、仮宮に移転する前の水天宮を記憶していたのですが、その時から変わった姿に最初驚いていました!

20170203 (1)
ポスター

20170203 (2)
入り口

20170203 (3)
大きな垂れ幕

20170203 (4)
豆まきの様子

来年からもミニライブが続くのかな~、と思うとワクワクしますね!(日程が合えばですけど!涙

待合室では電子紙芝居を上映
水天宮の屋内の3階にある待合室では、2013~2016年に上映していた電子紙芝居「古事記 ~日本神話の世界~」と同じもの(?)がエンドレスで上映されていました。

こちらの電子紙芝居。石原さんが作・演出をしているのはもちろんですが、声優陣もまた豪華!
石原慎一さんに加え、くじらさん、立木文彦さん、千葉繁さん、西村ちなみさんが参加っ!!!
しかも、水天宮の巫女さんが作画を手掛け、神職の方々が雅楽でBGMを担当。
大木理紗さんのイベントでお馴染みの多鹿大介さんがパーカッションで参加しているのです。

1枚だけ写真を。
20170203 (5)
綺麗で可愛い絵ですよね!
待合室では、おそらく豆を撒かれるのであろう女子学生の方が駄弁っていたので、あまり集中して観れませんでしたが(苦笑)、堪能させていただきました!
来年はもっと真面目に観たいです。笑

「冬だ! 豆まき!! ミニライブ」セットリスト
ではお待ちかね、ミニライブのセットリストの紹介です!

平成29年 節分祭「冬だ! 豆まき!! ミニライブ」
出演:石原慎一、高野久美子、くじら
演奏:荒巻みどり(ピアノ)、カラオケ音源

1:花束を君に(NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌)/石原慎一(原曲:宇多田ヒカル)
2:恋(TBS系テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」主題歌)/石原慎一(原曲:星野源)
3:ペンパイナッポーアッポーペン(節分祭バージョン)/くじら(原曲:ピコ太郎)

4:踊り明かそう(原題:I Could Have Danced All Night/ミュージカル「マイ・フェア・レディ」より)/高野久美子

5:冬の夜(文部省唱歌)/高野久美子
6:浜千鳥(童謡・唱歌)/高野久美子
7:ペチカ(童謡・唱歌)/高野久美子

8:まめまき(童謡)/石原慎一
9:北風小僧の寒太郎(「みんなのうた」より)/石原慎一
10:詠人(テレビアニメ「おじゃる丸」OP主題歌)/石原慎一(原曲:北島三郎)
11:赤鬼と青鬼のタンゴ(「みんなのうた」より)/石原慎一(原曲:尾藤イサオ)
12:豆まき~まめまき(童謡/メドレー)/石原慎一

13:Seasons of Love(奉祝祭アレンジバージョン/ミュージカル「レント」より)/石原慎一、高野久美子
14:ドレミの歌(原題:Do-Re-Mi/ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」より)/石原慎一、高野久美子


レポート・感想

ライブは「第67回NHK紅白歌合戦 夢を歌おう」で歌われたヒット曲のカバーからスタート。
暦の上ではこの2月3日の節分が年変わりの日ですからね。
それにしても、この粋な選曲に初っ端からテンション上がりまくっちゃいましたよ!笑

「花束は君に」は荒巻さんのピアノに合わせて歌唱。
「恋」はカラオケ音源。石原さんは「恋ダンス」は踊ってなかったのですが、サビからアフロヘアーとサングラスを着用したくじらさんが登場しサビのダンスを披露!笑
盛り上がりました!
そしてそのまま流れ始めたカラオケ音源の「ペンパイナッポーアッポーペン」の節分祭バージョンへ!
ナイスな替え歌で、笑いを誘ってましたw

紅白コーナーが終わると、ソプラノ歌手の高野久美子さんが登場!
荒巻さんのピアノに合わせて「踊り明かそう」を高らかに歌いました。
手拍子も起きて、とてもいい雰囲気でした!
高野さんは昨年の4月の水天宮の奉祝祭の式典の中で「君が代」を歌ったそうです。

そのまま冬の叙情歌のコーナーへ。
荒巻さんのピアノに合わせて3曲歌唱。
落ち着いた雰囲気でしっとり楽しめました。

そして代わって石原さんが豆まきや冬の歌を集めたコーナーへ。
「まめまき」、「北風小僧の寒太郎」をピアノに合わせて歌い、「詠人」、「赤鬼と青鬼のタンゴ」をカラオケで歌い、最後は「豆まき」と「まめまき」のメドレーで締め!
「北風小僧の寒太郎」では、お客さんから(というかG-Chorusの方々w)から「かんたろー!」とコーラスが聞こえ、石原さんがすかさず「ありがとうございますw」と言うシーンがあったりw
節分祭のライブでは定番の選曲ですが、やっぱ季節の歌って良いですね!

そして最後はミュージカルコーナー!
まずは「Seasons of Love」の奉祝祭バージョン。
荒巻さんのピアノに合わせて導入部を石原さんが歌い、後からコーラス付きのカラオケ音源で歌うという構成。
G-Chorusのメンバーで録音したんですかね? 気になります。

ライブの締めは、みんなご存知「ドレミの歌」!
荒巻さんのピアノに合わせての歌唱です。
高野さんの選曲だったそうですが、ナイス選曲!
子供たちも一緒に歌ってかなり盛り上がりました!

石原さんの素晴らしい構成力でぴったし30分で収まっていたのは驚き(マジでw)。
J-POPから童謡、アニソン、ミュージカルソングまで、幅広くどんな人でも楽しめる素晴らしい選曲にも感服いたしました<(_ _)>

おまけ

折角節分祭に来たのだからと、ミニライブの後、豆を取って福を持ち帰ろうと少しだけ頑張ってみました笑

結果、2つGETできました~!
20170203 (6)
が、何度やってもこれしんどいですね(^^;
参加者の気迫の物凄いこと!
その気迫だけで福が来そうでした笑

ずっと、声優のくじらさんが司会進行を頑張っていました。
確信を持って言えます。
くじらさんの司会じゃないと、きっとこの節分祭は成り立たない!笑
もはや恒例となった石原さんプロデュースのエンターティメント節分祭!
来年もタイミングが合いましたら参加したいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

イベント(ライブ・コンサート) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【2017年3月4日(土)】「高取ヒデアキ “半世紀”Birthday Live」【レポート】 | ホーム | 「超スーパーヒーロー大戦」特報公開! カードの組み合わせまとめ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。