THE・武者戦記EX

ウルトラ検定1級所持者のサレンが、ウルトラマンや特撮、アニソン・特ソン、舞台などについて語るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【ウルトラマンの日】祝! 50周年!!

こんばんは~!

さて、今日は「ウルトラマンの日」×「納豆の日」ですね!
僕はウルトラマンと納豆両方が大好きなんです。
てなわけで、先ほどこんな儀式をしてきたり(笑
20160710(4)

さてさて本題に。
今年でウルトラシリーズは生誕50周年です!
おめでたい!!

昨日は「ウルトラマンオーブ」が放送開始し、BSプレミアムの3時間の生放送「祝ウルトラマン50 乱入LIVE! 怪獣大感謝祭」もしっかり視聴しましたよ!

改めて、ウルトラマンの作品に込められた思想・哲学、そして全スタッフの作品への向き合い方が今の自分の人生の生き方の軸になっているんだな~、と再認識。
何をするにしてもやっぱりウルトラの精神が心の根底にあるんですよね。僕は。
善と悪の真実を模索する心、諦めない心、挑戦し続ける心……ウルトラマンという作品、そしてスタッフの情熱から僕は多くのことを学んで、僕らしく生きられてるのかな~なんて思ってます。

古きを受け継ぎ、新しきを欲する。。。
時代や形が変わろうとも「何のため」の作品なのかを忘れずに、同じ軸がしっかりとありつづける。誰よりも視聴者やファンを大切にしながら、でも、チャレンジ精神を常に忘れない。
凄くバランスが良いんですよね。
スカッとするくらい。

ドラマって、言うならば嘘でしかないんですよね。
でも、ウルトラマンの嘘は美しい嘘なんですよ。
宇宙人と怪獣が戦ってるなんて最高の嘘。そして、その作り込みが中途半端じゃない。様々な工夫に情熱が見える。だからいい夢を見させてもらえてる。
ミニチュアはミニチュアだって分かるからこそ燃えるようにね。。。
芸術の理想像だと思います。
舞台という嘘の上に、突然みんなで歌い出すなんていうさらにあり得ないことを加えることで美しくなるミュージカルと同じ理論なのかな。

ウルトラマンの辿ってきた50年。
誰だって成功や失敗があるように、ウルトラマンの歴史にもいくつかの失敗があると思います。
でも個人的にはどの失敗もポジティブな失敗なんですよね。挑戦した結果の失敗。そこがまた熱い。
作品自体が生きているというか。なんか、もう凄い。

空想特撮シリーズ――ウルトラマンには完璧なんて概念は無くて、だからこそ、これからも続くし、これからも面白いものであり続けるのかな、なんて思ってます。

これからもウルトラマンと一緒に成長し続けることでしょう。
ささやかながらも一生応援し続けますよ!!
関連記事
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【2016年7月31日(日)】「アニソン☆ヒーローズ The LEGEND」セットリスト | ホーム | 【7月8日(金)】340 presents「石山祭5 ~大人の魅力~」レポート>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。